新着情報

2020/06/10

TOTACHI新商品キャンペーン。旧デザインと新デザインの違いについて

当社の「SIGNATURE」シリーズ製品の化粧缶デザインを新旧「Before - Now」という形にて比較しました。


今回の新製品キャンペーにおいて最も重要なのは、容器デザインの変更になります。
新しいデザインについては、「見やすく、分かりやすい」、消費者が店頭にて、商品の検索や選択の際、必要な情報を分かりやすく、見やすい位置に記載していることです。4L容器を例に新旧のデザインで視覚的効果を比較してみましょう。


◆容器前面
1.当社が誇る革新的な減摩技術、ZFM™(Zero Friction Molecular Technology)のロゴマークが容器右下に配置されていますが、ロゴマークのカラーをメタルグレーに変更しました。

2. API SP / SN、ILSAC GF-5などのオイル仕様・規格表記は、容器全面中央、オイル粘度表記の真下に配置し、グレーの背景に明るく、見やすい橙色で表記し、より強調するようなデザインになっています。オイルを選択する際、最も必要な情報を中央に配置することで、選択を容易にしています。

3. PAO、Ester、Eco、Hybrid、LSPI、TGDIなどのベースオイルの種類などの技術的情報を中央左側に配置し、購入者が適合する車両の選択を容易にしています。

◆容器側面
4.容器の側面には、適合車種の情報を記載し、選択を容易にしています。

5.当社ウェブサイトへのリンク、QRコードを配置、アクセルすることで、製品情報や会社情報などの閲覧が可能です。。

6.製品コードは、従来の15桁から5桁のコードに変更しました。短かくすることで、データベースなどの入力・検索作業の簡素化、業務効率化を図っています。

7. 容器側面の上部に配置されていたブランド名及び、ロゴの表記を以前の2段から横一列(ロゴ+ブランド名)に変更し、より見やすく、バランスの取れたデザインになっています。

8.容器には、注ぎ口が付属していますが、従来のものより、より使いやすく、こぼれにくいものに変更しています。これにより充填作業が容易になりました。