新着情報

2020/06/09

TOTACHI 「SIGNATURE」シリーズ製品の新技術及び新基準

当社では、引き続き、6月より開始された新製品発売キャンペーンについて、お知らせ致します。今回、変更された製造技術ならびに新規格についてご紹介致します。


◆新規格「API SP」
「API SP」は、2020年の新規格であり、オイル添加剤の配合を低回転で高負荷がかかるダウンサイジングターボなどの直噴エンジンで問題となっている低速走行時の早期着火(LSPI)、チェーン摩耗やバルブ摩耗対策が強化された最新規格オイルです。これらの問題を解決する為に各自動車メーカーから要請を受けて製造されました。さらに酸化安定性や清浄分散性、せん断安定性に優れ、これまでにない省燃費性や耐摩耗性能を実現しており従来オイルの規格と比較して、より厳しい条件を満たした新規格オイルとなっております。

◆「ILSAC」認証試験方法
ILSAC規格とは、International Lubricant Standardization and Approval Committee(国際潤滑油標準化認証委員会)が定めた自動車用ガソリンエンジン油の規格であり、認証試験の方法については下記の通りです:
3,600rpmで90時間、運転したエンジン内で、オイルを150℃まで加熱します。オイルサンプルは、20時間ごとに採取され、標準値による全範囲にて試験を実施します。「API SP」規格の認証を取得するには下記の技術が必要となります。
LSPI(低速早期着火)保護
LSPI保護:低速時の早期着火に対する保護添加剤配合。LSPIは、直噴エンジンの停止時から急発進・急加速など低回転・高トルク時などに発生します。最悪の場合、エンジンピストンやコンロッドの故障につながります。

◆TGDI対応
TGDIに対応:ターボチャージャー付きガソリン直噴エンジン用に設計されています。TGDIの特徴は、ポートエンジンと比較しても圧縮比を高くすることができる。その為、ピストンへの負担が大きく、タービンのスリープベアリングの潤滑が必要になります。

◆ZFM
日本が誇る当社の革新的減摩技術、ZFM™(Zero Friction Molecular Technology)は、当社独自の保護性能を備えた全く新しい高性能オイルの開発を可能にします。ZFM™技術は、減摩技術であり、独自の保護性能を備えたまったく新しいプレミアムエンジンオイルを作成することができます。
ZFM™テクノロジーは、有機モリブデン(MoDTC)をベースにしており、金属表面との密着性を高めています。ZFM™テクノロジーは、当社のJASO DH-1、DH-2、DL-1、 API CI-4、 СJ-4、CK- 4、FA-4、 ACEA E6、E7、E9、API SP/SN/SM、省燃費型オイルを含むILSAC GF-4、GF-5、GF-6A、GF-6Bオイルの製造にも使用されています。

この技術を使用したオイルは、下記の特徴があります。
•摩擦と摩耗を最小限に抑えます。
•パフォーマンスの向上。
•耐久性の向上。

上記の結果、次の利点があります。
•信頼性の大幅な向上とダウンタイムの最小化。
•車両維持費(メンテナンス費用)の最適化。
•利益率の増加。

ZFM™技術を採用しているオイルの摩耗・摩擦防止特性については、当社の試験にて、その効果が確認されています。この新しい添加剤は、高負荷条件下で動作しているエンジン各部品の摩擦・摩耗を大幅に低減して、高温・高負荷などの厳しい条件下での動作を可能にしています。

◆PAO
PAO:グループIII及びグループIVの非常に安定した化学合成油をベースにした潤滑油の製造技術です。PAOオイルは、理想の分子量を構築する独自の技術と高粘度指数を有した優れた安定性が特徴です。それらは、パラフィンや硫黄などの不純物が含まれていない為、-50℃~150℃までの幅広い温度範囲において効果的な動作性能を実現します。PAOベースのオイルは、サーキットやレース走行などで、高回転を多用する車両やハイパワー車、チューニング車などに使用されており、高速かつ大型の車両に最適なオイルとなっています。

•限界流動点が-60℃
•温度低下に優れている
•オイル減りが少ない。
•高い酸化安定性と耐金属劣化。

◆ESTER
ESTERは、PAO系オイル+下記のようなさらなる利点があります。
•エステルには、極性基があり、金属に科学的に吸着する性質があるため、摩擦低減効果が高く、油膜破断しにくい特徴があります。
•高温に晒されると、スラッジ(汚れ)の原因となってしまうポリマー(増粘剤)を一切、使用していない為、長期にわたり優れた油膜強度が保て、ロングライフに使用できます。
•エステルは、生分解能力が高く、植物油ベースのため、環境に優しいオイルです。

◆HYBRID
HYBRID:ハイブリッド車専用に設計されており、各自動車メーカーの必要要件を満たしています。ハイブリッド車は、頻繁なエンジン始動を繰り返すことによりエンジン及びエンジンオイルへの負担が大きいといわれてます。エンジンに最も摩耗しやすいのは、エンジンオイルがシリンダー内壁やバルブ回りの摺動部から落ち切ったドライスタート時です。
低粘度の全合成油を使用したハイブリッド技術で作られた「ILSAC GF-6B」、RESOURCE CONSERVING規格のエンジンオイルです。

•ハイブリッド車のエンジンを摩擦・摩耗から保護します。
•オイル消費量の低減。
•優れた省燃費性。

◆ECO
優れた環境保護性能により、高い省燃費性と有害な排出ガスの削減を実現しています。
「ECO」マークの付いたオイルは、ハイブリッド車やアイドリングストップ機構付き車の排出ガスを削減した環境に優しい設計です。

•排出ガス制御装置に適合しています。
•省燃費性に優れ、排出ガスを削減します。